インド

インド

3ヶ月にわたる全国読書キャンペーン #IndiaGetsReading

インドでは3億人を超える人々が読み書きができず(世界で最大級の人口)、1億3千万人を超える小学生の半数以上が学年レベルの読み書きができません。それでも、読み書きができて、今日の時代ではデジタルリテラシーが高い人口は、インドの発展と経済的なエンパワーメントの鍵を握っています。

すべての子どもが学年レベルの読み書きができ、一人ひとりが読み書きできるようになる。この夢の実現は不可能なのでしょうか。

ルーム・トゥ・リード・インドについて

識字教育プログラムは、識字能力と読書習慣を育成する国内唯一の子ども向け教育プログラムです。女子教育プログラムは、少女が中等教育を修了するための支援を行っており、政府関係者と協力して女子教育を提唱しています。


Opportunities Unevenly Distributed

不平等な教育機会

多様性と複雑性をあわせ持つ歴史豊かな国、インド。その人口は10億人を超えています。ここ数年で改善されたとはいえ、インドの教育の質は未だに低く、教育機会は不平等です。

ルーム・トゥ・リード・インドは2003年に発足し、今では最大の活動地域となっています。アーンドラ・プラデーシュ州、チャッティースガル州、デリー、マディヤ・プラデーシュ州、マハーラーシュトラ州、ラージャスターン州、ウッタラーカンド州、テランガーナ州の公立学校と協力して活動を行っています。

より多くの子どもたちに手を差し伸べられるよう政府と協力

現地の組織や政府機関との協力関係により、より大きなインパクトを実現できます。初等教育の就学率は全体的に向上し、中途退学率は低下、また、無償義務教育に関する子どもの権利法によって学校図書室の設置が義務付けられるようになりました。ルーム・トゥ・リードはこれからも規模に合わせた長続きする方法でプログラムをインド全体に拡大していきます。

#IndiaGetsReading フォローして運動に参加する 

 

ルーム・トゥ・リード・インディアの識字教育プログラムは、インドで読み書き能力と読書習慣を育成する唯一の子ども向け教育プログラムです。ルーム・トゥ・リード・インディアの女子教育プログラムは、女子が中等教育を修了する支援を提供し、政府関係者と協力して女子教育を擁護しています。